その1(モデリング)、その2(下塗り)、その3(ベースデコレート)に続き、その4(仕上げ)です。平日ちょこちょこ作業していったので1週間以上かかってしまいましたが、ついに完成です。その2の続きからです。

ヘルブルート・プラズマキャノン

黒サフの上からコーンレッドを塗った状態です。赤は綺麗に発色させるのが難しいのですが、コーンレッドはとても隠蔽力が強く、黒の上から塗っても一発で発色するので重宝しています。この上から好きな赤を塗れば綺麗に発色します。

オレンジでハイライト

ナルンオイルでウォッシュした後、まずはアーマー部分にオレンジでハイライトを入れます。ヘルブルートは造形が細かくて、あとから縁取りのハイライトを細く描く自信がなかったので、先に入れてから塗りつぶして細くする作戦です。

メフィストンレッド

ハイライトを残すようにメフィストンレッドで塗りつぶしていきます。ウォッシュの上からのオレンジがイマイチ発色しきれていませんでしたので、結局あとからまたハイライトを入れなおすことになっちゃいました。

色のチェック

オレンジのハイライトを入れなおし、色のチェックのためにゴールドも試し塗りしてみます。オレンジはちょっときついような感じがしますが、戦場でみるとこのくらいのほうが映えるみたいです。ゴールドはバルタザールゴールドで下塗りした後、オーリックアーマーゴールドを塗ってみました。キンキラキンです。

顔のまわりも同じようにコーンレッド>メフィストンレッド>オレンジで塗ってみたところ、こちらは狭すぎでオレンジが強すぎるように感じましたので、色を変えることにしました。アーマー部分のメフィストンレッドの濃度調整に失敗していて塗装面がボコボコです。このあたりは今後の課題です。

メフィストンレッド

ベース色はメフィストンレッドで決まりなので、全体的に塗っていきます。アーマー部分は縁を少し残してシャドウにしています。肉の部分は中央部だけハイライトっぽく塗っています。ここで時間切れで週末になったので、塗装途中ですがベースに接着してバトルに出陣しました。

角にウォッシュ

さらに塗り進めてこんな感じです。赤と金は30体ぐらいケイオスマリーンを塗ったのでダイブ慣れましたが、骨などはまだまだ模索中です。バカルスフレッシュを塗った上からアースシェイドでウォッシュしています。

イビルサンズスカーレットでハイライト

アーマー以外の部分の赤のハイライトは、オレンジだときつすぎる(狭い面だと赤が朱色にみえてくる)ので、イビルサンズスカーレットでハイライトを入れました。

ヘルブルート完成

金や骨にもハイライトを入れて完成です。まだまだ塗りこみ要素は残っているのですが、10日ほどこればかりやっていてそろそろ忍耐力が尽きているのでこのくらいで完成ってことにします。まだまだ課題は残る出来ですが、ひとつひとつテクニックをマスターしていかないと向上しないのだなーと実感しました。

関連記事

ヘルブルートまとめ

ヘルブルート塗装・プラズマキャノン装備(1)モデリング編

ヘルブルート塗装・プラズマキャノン装備(2)下塗り編

ヘルブルート塗装・プラズマキャノン装備(3)ベースデコレート編

ヘルブルート塗装・プラズマキャノン装備(4)ハイライト編