例のアレ平成26年5月7日(火・祝)に、WARHAMMER 40,000 1500ポイント 最強決定戦 「例のアレ(仮)」が開催されました。例のアレって何?という人のために、念のため説明すると、GW公式戦「スローン・オブ・スカル」のことを指してます。

私は昨年のスローンオブスカルを見学して、来年は絶対に出場したい。いつか優勝したい、と思ってやる気を出しました。次は年内開催かも、みたいな発言がスタッフから出ていたので、逆算スケジュールで実戦経験を積んだり、ロスターを煮詰めたりしていました。

ところが待てど暮らせど開催の告知は出ず、春になってやっと開催準備中との発表、しかし結果的には開催時期未定の延期となってしまいました。やるせない気持ちを近くにいた大きな人にぶつけました。「ここはザッカルさんがやるしか無いですよ。こうなったら公式以上の規模でやっちゃいましょうよ。」

同じように考える人は多く、そのすべてがウォーハンマー界イチの興行師、ミヤザッカルを祭り上げる方向で集約、ついに開催日が決まりました。

私は広報担当として、ポスターとホームページ作成、Twitterでの告知を担当しました。内輪のイベントにはしたくなかったので、目立つポスターを作って各ショップに貼ってもらい、それぞれのショップで固まりがちな趣味人をすべて集めてみたいと考えていました。

おかげ様でうまくいき、昨年のスローンオブスカルの28人を超える32人の参加者が、我々が思っているよりもずっと早く決まってしまいました。ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。特に、おちゃらけたポスターだったにも関わらず掲載を無理やり承諾してくれた、中野ホビセンマン・タケシに感謝いたします。すみません、さすがにあのポスターを神保町に貼りにいく勇気はありませんでした。

開催当日、会場が開くと同時に、参加者全員が勝手に分担し、どんどん会場設営を始め、あっという間に準備が整ってしまう光景に驚きました。たった1時間で会場設営、入場、集金、抽選、ルール説明などをこなす厳しいスケジュールだったので、そうとう遅れるだろうなあと思っていたのですが、意外なことに10分前には全ての準備が終わっていました。

ここからは、軽く私のバトルレポートです。すでにTwitterで掲載したものを再掲します。

以上、戦績はグダグダでしたが、素晴らしいイベントを成功させることが出来たと、スタッフのひとりとして嬉しく思っています。ご協力くださった皆様、参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。