WordPressでサイトを作成するためにロリポップ!レンタルサーバーを契約しました。ロリポップ!は安価ながら安心して利用できる大手レンタルサーバーです。日本最大のインターネット企業グループのひとつ、GMOインターネットの子会社であるpaperboy&coが運営しています。GMOインターネットは残念ながら最良の企業とは言えませんが、ロリポップはお薦めできます。

lolipop01

ロリポップ!レンタルサーバーのホームページはこちら

右上のお申込みボタンから申し込みを行うことができます。10日間は無料で利用することが出来ますので、実際に使いこなせるかどうか契約して試すことができます。登録時にはクレジットカード番号などは必要ないので、そのまま契約されてしまったりすることはありません。そういった面でも初めて契約するレンタルサーバーとして良いでしょう。

lolipop03

最初にドメインに関する選択があります。ここでお薦めはロリポップのドメインを利用するプランです。

説明が初心者には少し複雑になりますが、ここで1番か2番を選択すると、借りたレンタルサーバーのルートディレクトリ(ルートは根っこの意味。一番トップのディレクトリ)に独自ドメインが割当たります。初心者にはわかりやすい状態ではありますが、不便なことも色々あります。

例えば、独自ドメインを新規に取得して始める場合は問題ないのですが、いま他のレンタルサーバーで既に使っているドメインをロリポップ!に引越しようとしている場合、新しいホームページの確認が出来てから古いサーバーから新しいロリポップ!のサーバーに独自ドメインを切り替えたいところです。それがやりにくくなってしまいます。

または、ひとつのレンタルサーバーに複数の独自ドメインを割り当てたいとき、ルート・ディレクトリに独自ドメインを割り当てていると、ちょっとややこしい状況になります。ふたつの独自ドメインが絡んでしまう状況になって困ることがあるのです。

そこでルートディレクトリにはとりあえず適当なドメインを割り当てておいて、後で下位に別なディレクトリを作って、そこに本番のドメインを割り当てるようにするとすっきり解決するのです。ちょっとややこしいですが、他社のレンタルサーバーでも同様にしたほうが良いので覚えておきましょう。

ルート・ディレクトリに割り当てる適当なドメインを決めます。このドメインでは実際には公開しないので、適当にわかりやすいものを設定しておけば良いでしょう。

メールアドレスには課金やメンテナンスのお知らせが届いたり、トラブルのときのやりとりに使ったりするのできちんと連絡のとれるメールアドレスを登録しておくべきです。

ホームページのリニューアルの仕事をご依頼いただくときに、むかし契約したときに登録したフリーのメールアドレスがわからなくなってしまった、という方がよくいらっしゃいます。結構困った状況になるので注意してください。yahooメールやGmailでも構いませんので、使い続けるメールアドレスをひとつ決めておきましょう。

lolipop05

申し込みをすると登録したアドレスにすぐにメールが届きます。

lolipop06

確認用のアドレスをクリックして先に進みます。

lolipop07

メールアドレスの確認がすめば、次に申し込み内容の登録に進みます。

lolipop08

WordPressを利用するには最低でもロリポプランが必要です。コロリポプランではデータベースが使えないため、Wordpressは動きません。ロリポプランでは複数のデータベースを作ることが出来ませんが、複数のWordpressを設置する場合でも、ひとつのデータベースで済みますのでチカッパプランまでは必要ありません。

契約期間は長いほうが割引されますが、6ヶ月以上は割引率が変わらないようです。クレジットカードなら振込の手間が掛からないので、6ヶ月単位の支払いで良いと思います。

lolipop09

名前や住所などを登録し終われば完了です。

lolipop10

各種のアカウントやパスワードなどがすぐにメールで届きます。

私は日頃はさくらのレンタルサーバーを使うことのほうが多いのですが、ロリポップ!レンタルサーバーのほうが初めての方にはやさしいように感じました。

ロリポップ!レンタルサーバーのホームページはこちら

さくらのレンタルサーバ・スタンダードのホームページはこちら