ロリポップ!レンタルサーバーにWordpressをインストールします。以前はWordpressのインストールは結構面倒でしたが、最近ではレンタルサーバー各社が簡単インストールの機能を用意していますので、本当に簡単になりました。こんな解説記事すらいらないぐらいですが、注意点や考慮点について書いてみます。

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバーにログインして管理画面の左側のメニューから、簡単インストールをクリックし、表示されたサブメニューからWordpressを選択します。

ロリポップ!レンタルサーバー

インストール先のディレクトリを指定します。ルート・ディレクトリにインストールする場合はURLを指定する必要はありません。ルートディレクトリに割り当てられているドメイン以外でWordPressを使用したい場合は場合はサブディレクトリにインストールすることになります。

複数のドメインを使いたい場合は必ずサブディレクトリにインストールするようにしてください。もし、複数のドメインで同じサイトを表示したい場合(例えば sample.com と sample.net で、もしくは www ありと無しなど)の場合はWordpressをふたつインストールする必要はありませんが、同じディレクトリにふたつのドメインを割り当てるべきではありません。いろいろと不都合が生じます。

ここで指定するもので、インストール先のディレクトリ名以外は後で簡単に変更することが出来ますので、タイトルなどは暫定のもので構いません。ディレクトリはあらかじめ作っておく必要はありません。

サイトのタイトルは全角で入力できます。

SEO対策を考慮したサイトのタイトルの付け方についてはこちらの記事をどうぞ

ユーザー名はWordpressのログインに使用しますので、半角英数で指定します。ユーザー名は投稿者として公開される情報です。

パスワードは半角英数と一部の記号が使えます。類推しにくいものを指定してください。英字だけ、数字だけよりも8文字以上の英数字の組み合わせにします。記号が含まれていれば尚よいでしょう。数字4桁や英単語などは数秒でハッキングされますので避けるべきです。

プライバシーのチェックをはずすと、サイトがGoogleに読み込まれないようになります。サイトの制作が完了するまで公開したくない場合はチェックを外しておきましょう。

サイトのインデックスの意味がわからない人はこちらの記事をどうぞ

ロリポップ!レンタルサーバー

データベース情報が表示されますが、特にメモする必要はありません。特殊な状況以外では使いませんし、必要があればそのときに見ることができます。

ロリポップ!レンタルサーバー

インストールが完了しました。サイトURLにアクセスして確認します。

ロリポップ!レンタルサーバー