MacBookを閉じると外付けディスプレイが消える

クラムシェルモードとは、MacBook ProやMacBook Airにディスプレイを繋いでフタを閉めて、外付けキーボードとマウスで操作する状態をいいます。オフィスや家に帰ったら、これでMacBookをデスクトップ機のように使うことが出来ます。

macbook

やり方は簡単で、MacBookを外付けディスプレイに繋ぎ、ディスプレイに画面が表示されたらフタを閉めるだけです。特に設定などは必要ありません。

私は最初にこれを試してみたときに、フタを閉めたらサスペンドしてしまってクラムシェルモードになりませんでした。Appleのサイトで調べてみると、クラムシェルモードにするには電源アダプターに繋いである必要があるそうです。電源アダプターを繋いでみるとあっさりクラムシェルモードになりました。

ちなみにAppleのCinema DisplayやThunderbolt Displayは、ディスプレイケーブルとMacBook用のMagSafe(電源)コネクタが一緒になっていて、わざわざ電源アダプタをカバンから出さなくてもセットで接続できるようになってます。また、Thunderbolt Displayの裏側にはUSBポートが3つ付いており、ディスプレイを接続すれば同時にUSB機器にも接続されるようになっています。

このあたり、シチュエーションや使い勝手を想定したうえで製品のラインナップを考えているAppleは見事です。このせいで自分のまわりが徐々にApple製品にリプレースされていってしまうんですよね。縦割り組織の日本メーカーではマネしにくいんだろうなあ。少しずつ組織が統合されつつあるSONYに期待です。