通販の箱に貼られた個人情報をそのまま捨てたくないので塗りつぶす

通販で何でも買えるので便利なのですが、剥がせないラベルシールで個人情報が貼られている空き箱をそのままゴミとして捨てるのも気持ち悪いものです。特に女性の方は気にしてらっしゃるのではないでしょうか。

紙に印刷されたものであればシュレッダーにかけるなど出来るのですが、ダンボール箱ともなるとそうもいかず、しかもこのシールがやたら剥がしにくい。剥がそうとしてもきれいには剥がれずビリビリになり、なんども爪でひっかいてとてもめんどくさい。

と思っていたらamazonで良さげなものを見つけたのでポチってみました。

プラス 個人情報保護スタンプ ローラーケシポン

コロコロスタンプっぽいです。カテゴリーベストセラー1位らしいです。意外と買う人多いみたいです。556円。

普段はスタンプ部分がカバーされていて、不用意にさわっても指にインクがついたりしないようになっています。チープな見た目なのに意外と気を使われてます。ベストセラー商品ってそういうとこ評価されてたりしますよね。

上の部分にあるボタンを押すと、下からコロコロスタンプが出てきます。どうやらこれで個人情報の部分をコロコロするみたいです。

おお、ちゃんと見えなくなりました。いろいろ目を凝らしてみたのですが、どうやら読めません。

商品説明にはこんなふうに書いてあります。

「ローラーケシポン」は、ダイレクトメールや宅配便の伝票などの宛名部分にコロコロと転がすだけで、見られたくない情報を隠せる、個人情報保護スタンプです。印面は独自に開発された小さなアルファベット文字列の連続パターンとなっており、住所や氏名等の文字情報をしっかりと隠してくれます。手動式シュレッダーにかけたり、ペンで塗りつぶす手間も必要なく、手軽にご使用いただけます。手でちぎった郵便物は可燃ゴミとなりますが、ケシポンで隠した郵便物などは資源ゴミとして廃棄することができます。

なかなか使いやすいので玄関に置いておこうと思います。

DVD宅配レンタル4社を詳しく比較してみた

私は映画やドラマを見るのが好きなので、1ヶ月に沢山のDVDをレンタルします。店舗でのレンタルはもちろん、ネットで申し込むDVD宅配レンタルやビデオ・オン・デマンドも色々と利用してみました。その中で今回はネットの宅配レンタル各社の料金を比較してみます。

宅配レンタルは大手が4社あります(Yahoo!レンタル、楽天レンタルは終了しました)。そのうち、livedoorの「ぽすれん」は実際にはゲオ宅配レンタルと同一のサービスです。ただし若干プランが違います。

4社のうち、自分にあったDVD宅配レンタルを選ぶには、自分が1ヶ月にどのくらいDVDを観るかを考える必要があります。1週間に2本ぐらいか、ドラマを1シーズン一気に観るタイプか、常に新作DVDを観たいか、懐かしい映画をみたいか。それによってどのサービスが良いか違いがでてきます。

DVD宅配レンタルの仕組み

比較する前に、DVD宅配レンタルの仕組みをおさらいしておきましょう。レンタルする方法には、月額レンタルと単品(スポット)レンタルの2種類があります。

みなさんがTSUTAYA等のレンタルビデオ店で借りている方式と同じものが単品レンタルです。観たいDVDを選ぶと郵送で送られてきます。見終わったら返信用の封筒で郵便ポストに投函します。レンタル期間があり、期間は各社で異なります。遅れると延滞料金が発生します。

DVD宅配レンタル独特のサービスが月額レンタルです。月額レンタルは定額制のサービスで、借りるときはあらかじめ観たいDVDをリストに登録しておきます。リストの上から順に在庫があれば発送されてきます。在庫がない場合はリストの次のDVDが発送されてくる仕組みです。

一度に発送されるDVDの枚数は料金プランによって異なり、同様に1ヶ月に借りられる上限枚数も決まっています。ただし返却期限はありません。返却が遅れたら次のDVDが宅配されて来ないだけで、延滞料金はありません。

単品レンタルの場合はDVDのレンタル料金に加えて配送料を支払うことになりますが、月額レンタルの場合は料金に配送料が含まれています。1ヶ月に観るDVDの枚数がだいたい決まっていれば、月額レンタルプランを選択するのが安くて便利です。あらかじめ観たいDVDを登録しておけば、常に勝手にDVDが宅配されてきて、見終わったらいつでも返却すればいいだけです。店舗でのレンタルのように、今日中に見終わらないと、といった心配がないのが良い所でしょう。

DVD宅配レンタル各社の月額レンタル料金比較

レンタル
枚数
TSUTAYA
DISCAS
DMM.COM livedoor
ぽすれん
ゲオ宅配
レンタル
月4枚 1,008円 980円 972円 972円
月8枚 2,014円
(注1)
1,680円
1,960円
(注2)
2,008円 2,008円
月12枚 2,772円
(注2)
月16枚 3,964円
(注1)
3,780円
(注2)
4,060円 4,060円
月24枚 5,857円
(注1)
5,670円
(注2)
6,091円
無制限 1,980円
3,960円
5,940円
(注2)
3,780円

価格はすべて税込みに統一しています。

月額レンタルはDMM.comが最も安い

このように一覧で比較してみると、料金的に良さそうなのは「DMM.COM」ということになります。実際、DMMは在庫も豊富ですので借りやすさ的にも良いサービスです。しかし各社それぞれ特徴がありますので、料金だけでは比較できません。

注1)TSUTAYA DISCASの8枚プランですが、他社より若干高いものの、他社が8枚借り終わると翌月まで借りられないのに対し、TSUTAYA DISCASはその後も旧作のみ無制限に借りられます。安くたくさん観たいという方にはおすすめのプランです。

注2)例えば月に16枚のプランには2種類あり、2枚x8回と4枚x4回では実際にはかなりの違いが感じられます。返却してから発送されて、次のDVDが宅配されるのには早くとも3日掛かります。必ず到着日に観て翌日発送したとしても、3日x8回=24日となりますので、1ヶ月に8往復させるのはかなり忙しいのです。4枚x4回のプランは実際には2枚x2組x4回となるので、2枚ずつ返却でき、常に手元に2枚置いておくことが出来るのです。


無制限プランは実質は無制限ではない

上記の(注2)と同じ理由で2枚x無制限のプランも事実上は無制限ではなく、実用的なサービスではないということもご理解いただけると思います。これらは、あまり往復が激しくなると郵送費が掛かり過ぎて利益が出ないために割にあわないプランを各社が辞めていった結果です。

ぽすれん、ゲオ宅配レンタルには特徴はありません。価格表どおりです。

DVD宅配レンタル各社の単品(スポット)レンタル料金比較

種別 TSUTAYA
DISCAS
DMM.COM ぽすれん
ゲオ宅配レンタル
新作 238円 780円 388円
通常 238円 480円 248円
旧作 238円 480円
(注3)
102円
(注4)
送料(最低) 292円
2枚まで
送料無料 313円
7枚まで
送料(最大) 886円
16枚まで
送料無料 604円
20枚まで
レンタル
期間
30泊31日 8泊9日 10泊11日
8枚以上で15日
延滞金 54円 210円 162円

価格はすべて税込みに統一しています。

各社が月額レンタルプランを全面に押し出して広告しているために、料金はどこでも同じように見えますが、単品レンタルになるとかなりの差があります。

また単品レンタルで注意しなければならないのは、レンタル期間です。8泊9日といいつつも、発送日から到着日までなので、郵送期間がこれに含まれているのです。ポストに投函する時刻と郵便の集荷の時間のずれによっても1日の遅れは出かねません。遅れた場合はレンタルしていた枚数x延滞料がかかるので、1日でも枚数によっては1000円を超える延滞料がかかります。

注3)DMM.COMの単品レンタルは送料込みの価格となっています。

注4)ぽすれん、ゲオ宅配レンタルの95円レンタルですが、旧作DVDでなくとも95円になっているものも多いです。旧作落ちしたものだけではなく、在庫が多い作品、キャンペーン的な作品も95円レンタルになっているようです。

旧作DVDの単品レンタルならゲオ宅配レンタルが最安

まず、月額レンタルでは最安値だった「DMM.COM」ですが、スポットレンタルでは他社の2倍の料金となります。これは送料込みの料金となっているためです。月額プランを契約していると割引されますが、それでも最高値です。レンタル期間も8泊9日と短く、延滞料金も高いのでおすすめできません。

月額レンタルでは目立たないゲオ宅配レンタルですが、旧作DVD102円という圧倒的な安さです。さらに8本以上まとめて借りるとレンタル期間が10泊11日から14泊15日までに延長されるのもポイントです。例えば旧作ドラマを1シーズン13本一気に借りても送料を合わせて1852円です。


新作DVDの単品レンタルはTSUTAYA DISCASがお得

その点で特筆すべきは TSUTAYA DISCAS です。新作DVDから旧作DVDまで一律238円と高いものの、30泊31日とレンタル期間がとても長くて安心です。また延滞料金も最も安く、万一の場合にも助かります。

そして見つけにくい隠れたメリットがあって、1回のレンタル料金の上限が送料込みで「3,200円」となっています。単品レンタルの料金が3,200円を超えるとそれ以上あがらないのです。一度に16枚まで借りられますので、事実上、新作DVDでも送料込みで1本あたり200円ということになります。その分、在庫の回転が遅いのでしょう。人気作が借りにくいと感じることがあります。


DVD宅配レンタルのまとめ

毎週末に2本ずつ観たい、単品レンタルはしないという方には「DMM.COM」がオススメです。2本x4回で1680円は圧倒的な最安値です。しかし、単品レンタルは最高値なのでご注意ください。

懐かしい映画を観たい、ドラマの旧シーズンを一気にまとめてみたい、という方には「ゲオ宅配レンタル」がおすすめです。なぜか旧作とは呼べないものも旧作扱いで安くなっていることがあるので狙い目です。

たまに新作DVDを単品で2枚借りて見る、いつも送られてきてほしい訳ではない、という方は「TSUTAYA DISCAS」が良いです。新作DVD2枚の単品レンタル料と送料が最安値で、1ヶ月間借りられて、延滞料も最安値です。

J:COMのネットは繋がらない上に対応が酷い

引越ししたのを機会にJ:COMに契約しました。以前からケーブルテレビでドラマを見たかったのです。

ついでにネット接続と電話もJCOMにしました。フレッツに問題があったわけではないのですが、どうせケーブルテレビを契約するならば、JCOMでネットを引いたほうがフレッツよりも安上がりになりますし、あちこちから請求がくるよりもまとまっているほうが良いと思いました。

開通工事が終わり、数日は引越しの片付けでバタバタしていたので気にならなかったのですが、数日後、ネットが切れることに気づきました。繋がっているときは快適なのですが、ときどき切れてしまいます。

最初はたまたまかと思い、ルーターを再起動(電源を抜いてから入れなおす)をしていたのですが、どうやらそういう問題ではないことに気づきました。

ルーターの管理画面からエラーログを見てみると、酷い時には数分ごとにエラーになっています。どうやらルーターが上位のDHCPサーバーからIPアドレスを取得できないようです。

翌日、JCOMの営業担当に連絡したところ、ルーターの不良の可能性があるということで交換に行かせますということでした。1週間後にしか来れないということでしぶしぶ待ちました。

1週間後、JCOMの人が来てルーターを交換してくれました。開通したということでその場で速度をチェックしてみたところ、繋がっているときは80Mほど出ているのですが、悪いときは100kほどしか出ていません。何度か繰り返してスピードテストをしてみると、やはり数分ごとに切れたり再接続したりを繰り返すために実用に耐えません。

来てくれたサポートの方は良い人で、半日がかりで宅内のケーブルやら接続機器やらをチェックしてくれました。その結果、宅内には問題は無さそうだという結論になり、家へケーブルを引き込んでいるボックスで接続テストをしてくれたところ、やはりその時点で同じ状況であることがわかりました。

サポートの方はその場で会社(JCOM)に連絡してくれましたが、JCOM側は、PINGが通るのだから問題ないの一点張りで取り合ってくれないとのことで、その方は謝りながら帰って行きました。その場ですぐ営業担当に再度連絡し、状況を伝えたところ、確認の上、翌日連絡します、ということになりました。

翌日、営業担当から、JCOMの技術サポートセンターと一度話して欲しいとのことで電話を貰えることになりました。数日後、やっと電話がかかってきたので状況を説明したところ、技術とは名ばかりの素人の担当者で、サポートセンターお決まりの最初の質問、パソコンは何台あるか、WINDOWSのバージョンは?などから始まり、さんざん付き合った末の結論が、ルーターの初期不良の可能性がある、でした。

さすがに頭に来たので、もう2回も技術担当者が来てルーターも交換したが、その記録を読んでいないのか?と怒鳴ったところ、記録はまだ手元に届いていない、単にネットが繋がらないとだけで経緯は聞いていないようでした。とにかく元の機器の故障の可能性が高いから調べてくれと伝えましたが、機器の交換には1ヶ月以上かかるので、もう一度だけ現地でチェックをさせてくれとのことです。当然ながらまた1週間後です。

また1週間後、サポートの方がやって来ました。前回とは違う人です。また最初から説明し、宅内配線の問題の可能性が高いと言い出したので、それは前回全部チェックしたが、記録をみてないのか、というとやはり見ていません。その人に出来ることはルーターの設置と配線、そしてスピードテストをすることだけです。悪い人ではなかったのでその人に怒ってもしかたありません。偶然そのときは問題が発生しなかったため、そのまま何もせずに帰ってもらいました。

ふたたびサポートセンター。今度はなにやら宅外のケーブルを交換すると言い出しました。もう諦めていましたので、勝手にやってもらいましたが、当然改善はしません。というか、そもそも工事完了の報告も、その後改善したかの確認の連絡すらありませんでした。

そのまま2週間、まったく何も改善しないまま放置されました。ルーターの管理画面をチェックしてみましたが、なんと交換されたルーターには、エラーログを表示する機能がそもそもありませんでした。普通、そんなネットワーク機器はトラブルシューティングが出来ませんのでメーカーが作るわけがありません。おそらく特注品でしょう。

さすがにNTTにフレッツの申込をして、JCOMは解約しました。

このJCOMという会社、とにかく社内にまともな技術者がいません。出来るのは配線工事だけです。おそらくネットワーク機器はすべて外注で、社内では管理できていないのでしょう。管理者は予算のことだけ考え、クレームはごまかす方針なのだと思われます。正式なテストをして問題が表面化すれば、外注して交換、ばかにならない費用がかかりますから。

たぶんこれは、もう企業体質問題なのでしょうね。本当にひどいものです。

macの日本語変換ことえりが使えないので変えよう

macの日本語変換は使いにくいと思いませんか?

macに標準でインストールされている日本語変換は「ことえり」というのですが、何かとイラつきますよね。

これ、慣れるしかない、と思って我慢している人が多いのですが、入れ替えることができます。

しかも、Google 日本語変換なら無料な上にかなりの優れものです。

Googleといえば検索です。Googleは世界中のホームページや検索されている言葉を記録しています。

このキーワードを使って辞書を自動学習させているのです。そのため、映画の名前などの新しい固有名詞もきちんと正確な候補が表示されたりします。他の日本語変換がイライラに耐えながら自分の使う単語を少しずつ学習させなければいけないのに比べて大違いです。

Google日本語変換のインストールの仕方は、まずGoogleで検索します。

あとは画面にしたがってダウンロード、インストールします。

インストールが終わると画面右上のアイコンから切り替えができるようになります。

日本語環境設定を選びます。

黒いアイコンがことえり、青いアイコンがGoogle日本語入力です。

黒いことえりは不要なので、青く選択したら下のマイナスボタンで削除してしまいましょう。

この状態になれば、もうことえりにイライラさせられることはありません。

Google日本語入力は、Windowsでもインストールすることができますので、おすすめです。

私はこのGoogle日本語入力が出てからずっと、これ以外の日本語変換を使うことはなくなりました。

ぜひ、最初にインストールすることをおすすめします。

フリーランスは法人化するべきか

ウェブコンサルタントをしているとデザイナーやプログラマー、カメラマンや同業のコンサルタントなどフリーランスの方と話す機会が結構あります。そこでよく出るのが法人化についての話題です。

法人化のメリットとデメリットについてはウェブ上にも沢山の記事がありますが、売上の規模や業種や職種によってメリットとデメリットは様々なため、はっきりとした結論が書いてある記事は少ないようです。ここではフリーランスを前提にして私の考えを書いてみます。

“フリーランスは法人化するべきか” の続きを読む